シンプルなパンが美味しい!明洞聖堂地下のパン屋「Le Pain(ルパン)」

カフェ・スイーツ・パン

 

ソウルへ行ったことのある方ならたぶん通り過ぎたことがあるであろう明洞聖堂。ここの地下にモールがあるって知ってました?しかもその中に美味しいと言われているパン屋があるなんて。

ワタシは全然気づかずにいつも通り過ぎていましたが、こんな秘密の入口(?)があったんですね!

 

 

コロナで打撃を受ける明洞の今。

  

明洞聖堂地下のモールへ

 

上記写真の場所以外にもいくつか地上に入口がありまして、下っていくとこんな空間が広がっています。

がらーーんと広い通路を挟んで向かいにも同じように本屋、カフェ、食堂、文具店が並んでいます。中にはこんなお店も。

キリストグッズ。さすが。

 

平日も週末も特に賑わっている様子はなく、お客さんの年齢層は総じて高く、とても落ち着いた感じの空間です。

 

Le Pain(ルパン)はこんなお店

 

階段の後ろに黒い看板が見えますか?ここがそのLe Painです。フランスのルノートル製菓学校で勉強した人が開いたお店だそうです。

焼き上がり時間もちゃんと書いてあります。

↑これだとちょっと見にくいですが、カウンターの後ろに結構広い製パンスペースがあって、焼きたてのパンが次々並びます。

 

切れてない食パンがあります!

 

ここで注目したいのが食パン。

切れてないんですよ!

韓国の食パンは10枚切りぐらいの薄ーーいのが主流で、たいていのパン屋は切った状態で売られているので、このように丸ごとで売っているのは貴重な店としてワタシの脳内にインプットされます。

トーストにしたい方、良かったら覚えておいてください。

 

お味の感想

 

ここで買い物したのは二回で、買ったものは写真に撮っていなくてすみません。一言言えるのは、チャバタ(2,700ウォン)は美味しい です!

翌日オーブンで4~5分焼いてみたところ、外はしっかりした食感で、中はしっとりもっちりと。それに自家製ローストポークと野菜を挟んだらそれはもう至福の時でした♡

練乳パン(3,000ウォン)は練乳クリームがひたすら甘く、次は買わないと誓いました。主人にも菓子パンを買ってあげたところ、まあまあだね、としか言われませんでした。

 

ワタシ
ワタシ

ここのウリは栗たっぷりの栗食パンらしいので、チャバタとか食パンとか、フランスで習ってきたままのレシピだったら美味しいのかもしれません。

次はバゲットに挑戦したい。

 

あとはケーキもウリっぽいです。

ホールで41,000ウォン。1切れ8,500ウォン。
シフォンケーキか!って思うぐらい背の高いケーキなのでまあそんな値段なのかもしれませんが…。もしかしたらフランス本場の味かもしれないので、いずれトライます。

モールはそんなに栄えていないにも関わらずお客さんはひっきりなしに来て「予約したやつなんですけど…」と言っていたので、品物を選べばたぶん本当に美味しいんだと思います。

 

ちなみにこの近所の文化社のフルーツサンドとパンケーキもマシッソヨ。

 

店舗情報

 

【店名】Le Pain(ルパン)
【住所】ソウル特別市中区明洞キル74地下1階(서울특별시 중구 명동길 74 몰 B1F)
【電話番号】02-3789-7545
【営業時間】9:00~21:30

※イートインスペースはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました